中級者 初心者 囲い

穴熊の崩し方|歩香桂で端から攻める・と金の活用で横から攻める

更新日:

囲いの中でも1,2位を争うほどの高い防御力を誇る穴熊囲い。

囲われてしまうとどこから手をつけたら良いのか気が遠くなってしまいそうなものです。

飛車が相手陣に入り込めたはいいものの、穴熊が崩し切れなかったというのは初心者あるあるではないでしょうか...。

そんな方へ向けて、今回は穴熊囲いの崩し方として端攻め・と金攻めを紹介していきます。

 

端から崩す-「金銀に手をつけず端から攻める」

穴熊囲いを横から攻める場合、金銀が密集していますので、なかなか相手玉までたどり着けないなどという場面も多いかと思います。

そこで、桂・香を使って端から攻める方法を考えます。

 

(局面の説明)

先手側:7七桂、8六歩、9九香、9五歩(持ち駒に歩3枚)

後手側:7一金、7二金、7三歩、8一桂、8二銀、8三歩、9一玉、9二香、9三歩(持ち駒なし)

 

図から、▲9四歩△同歩▲9三歩と打ちます。

1

Picture 1 of 3

 

これに対し後手の取り方は、香・桂・銀の3通り。

 

香の場合

まずは、香で取ったときの進行を見てみましょう。

△9三同香には▲8五桂と跳ね、次の手で▲9三桂成とします。

これを後手が桂でとるか銀でとるかの2つが考えられるので、ここもパターン分けして見ていきます。

 

桂で取ったら

1

Picture 1 of 12

 

桂馬で取ってきたら▲9四香と走ります。

おそらく、△1二歩と受けてきますが、その場合は端は一旦置いておきましょう。

受けてこなければ、そのまま▲9三香成と桂馬をとり、△同銀となります。

そのあとは▲7四歩打 △同歩 ▲7五歩打 △同歩と7筋の歩を釣り上げ、空いたスペースに▲7四香と打ちます。

桂で合い駒してきたら、端の桂馬をとり、攻めに足しましょう。

これで、必ず金か銀を取れますし、穴熊は完全に崩壊です。

 

銀で取ったら

-

Picture 1 of 2

 

銀でとってきたら▲9八香打と二枚香の形にします。

その後は銀を取れる展開になりそうですし、端を攻めながら横から挟み撃ちのような形で攻めるのも有効です。

 

桂の場合

▲9三歩に△同桂なら▲9五歩△同歩▲9四歩とします。

-

Picture 1 of 5

 

▲9四歩以降は▲9五香と走り、

次に▲9三歩成とすれば

端からせまることができますし、7七の桂も攻撃に参加できそうなので、攻めは成功と言えます。

 

銀の場合

最後に銀で取った場合ですが、△9三同銀には▲8五桂と跳ねます。

後手の銀は逃げることができますが、上下どちらに逃げたとしても▲9三歩と打ちます。(ここでは上に逃げます)

△9三同香なら▲同桂成から▲9八香打と、二枚香の形となり、”香の場合”で出てきたものと同じ局面となります。

1

Picture 1 of 4

 

△9三同桂なら▲9四香とします。

そのあとは様々なパターンが考えられますが、相手がどう受けようとこちらの差し手はあまり変わりません。

一例として、△8二玉 ▲9三香成 △同 香 ▲同桂成 △同 玉としておきます。

1

Picture 1 of 7

 

これで穴熊は崩れたといっていいでしょう。

 

横から崩す-「と金を使った攻め」

次に穴熊を横から攻める展開について見ていきます。

最初に横からは玉が遠いと言っておきながらですが...笑

 

(局面の説明)

先手側:5一竜、5三成桂(持ち駒に歩と金)

後手側:7一金、7二金、7三歩、8一桂、8二銀、8三歩、9一玉、9二香、9三歩(持ち駒歩)

 

ここから▲6二金とせまる手が考えられそうですが、▲6二金△同金寄▲同成桂△同金▲同竜と進んだときに△7一金と打たれてしまい、これでは攻めが途切れてしまいそうです。

1

Picture 1 of 6

 

上記の攻めがうまくいかなかった原因は相手に金を与えてしまったこと。

穴熊は例え囲いが薄くなったとしても、金や銀さえあればペタペタと修復できるという特徴があるのです。

 

そこで相手に金銀を与えないよう、と金を使った攻めを狙い▲6二歩と打ってみます。

次に▲6一歩成とされては厳しいので、後手は歩を取ります。

△6二同金寄▲同成桂△同金▲同竜と進んだ局面は先ほどと似ていますが、今度は金を渡していないため、次に先手からの▲7二金~▲8二金の詰みを防ぐことが難しくなっています。

1

Picture 1 of 4

 

このように、穴熊を攻める場合は金銀を渡さないような攻め方が効果的です。

 

よくある失敗-「一段目に歩を打たれると意外に堅い」

先ほどの図に戻りまして、目的は同じでも▲6三歩と打つのは△6一歩と受けられてしまい失敗となります。

続けて▲6二金と強引に打つ手も考えられますが、交換した後やはり△7一金と補強する手があります。

穴熊は一段目に歩を打つ形が意外に堅いので、攻める際には打たせないよう注意する必要があります。

 

まとめ

穴熊は堅い囲いですが、金銀を相手にせず端から攻める方法や、と金を使った攻めが有効です。

相手に価値の高い駒を渡してしまうと、せっかく崩しかけたとしても修復されますので、できるだけ価値の低い駒で攻めるのがコツです。

また、今回ご紹介した端から崩す手順にて、歩で駒を釣り上げて空いた地点に歩を打つ場面がありました。

この手筋は端攻めに限らず色々なところで使えますので、覚えておくといいでしょう。

-中級者, 初心者, 囲い

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.