中級者 初心者 囲い

雁木囲いの手順と戦い方 | 飛車角銀桂で一気に攻めあがる

投稿日:

ここでは雁木囲いの手順と戦い方をご紹介します。

雁木囲いは矢倉や穴熊に比べればそこまで有名ではありませんが、プロの間でも指されることのある戦法です。

初心者が扱うには少々厳しいと言われていますが、

雁木囲いを知っていれば、もし相手が指してきたときに上手く対処することができるでしょう。

 

雁木囲いの組み方

先手から見た雁木囲いの一例です。

7六歩→6八銀→6六歩→5六歩→6七銀→7八金→7七角→4八銀→5七銀→6九玉→5八金→4六歩→3六歩→9六歩→4八飛(A図)

-

Picture 1 of 16

 

玉の周りに金銀4枚を配置した非常に厚みのある囲いです。

ただ、ご覧のとおり横からの攻めに弱く相手に飛車を持たれてしまうと一気に寄ってしまうこともあります。

 

雁木囲いに組んだ後の方針ですが、厚みを活かして囲いごと相手陣に迫る方法があります。

6、7筋から歩を突いて金銀が上がっていく形にしながら、相手の大駒を封じ込める展開となれば有利に戦うことができるでしょう。

 

右四間飛車で攻撃の理想形を作る

先手から見て4筋に飛車を持ってきて攻める方法を右四間飛車と呼びます。

「攻めの理想は飛車角銀桂」と将棋の格言にもありますが、

雁木囲いでは右四間飛車で攻めの理想形を築き4筋から攻めるのが強力です。

 

A図からさらに6五歩→3七桂と跳ねれば、ほぼ攻撃態勢は整います。

 

もし後手玉が2二にいる展開であれば、自陣の角が遠く相手玉をにらんでいる形となっているので破壊力は増すことでしょう。

 

角を右に展開する

後手の指し手によっては6五歩と突けない展開も出てきます。

そういった場合はA図より5九角→2六角と右に動かす手順もあります。

 

狙いはやはり4筋で、もしこちらの角道が開けば一気に敵陣へ成りこむチャンスも出てきそうです。

 

ただし、先に4八飛や3七桂を指してしまうと、2六に角を展開できなくなる点には注意が必要。

また、後手から2四歩→2五歩

と突かれてしまうとこちらの角の逃げ道がなくなってしまう場合もありますので、事前に1六歩と突いておくと良いでしょう。

 

雁木囲いの弱点

「組み方」の段でも触れましたが、

横からの攻めに弱いかたちなので飛車交換となる展開は避けたいところです。

 

また、雁木囲いは居飛車同士の対局で現れることが多く、

対振り飛車ではあまり有効でないとされています。

特に三間飛車との相性は最悪のようです。

 

まとめ

雁木囲いでは右四間飛車の形で攻めることが多いです。

後手の指し方によって角を右に展開したり陣形ごと相手に迫ったりする方法もあります。

 

横からの攻めに弱い面があるため、

陣形が崩されないうちに一気に押し切る戦い方を目指すようにしましょう。

-中級者, 初心者, 囲い

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.