中飛車 初心者 定跡

攻めたい人におすすめ!ゴキゲン中飛車の定跡・手順

更新日:

 

ここでは振り飛車の中でも攻めに強い「ゴキゲン中飛車」という戦法をご紹介します。

何がゴキゲンなの?

と思ってしまう名前ですが、何かがご機嫌な戦法というわけではなく、

いつもニコニコしていてご機嫌な棋士”近藤正和六段”が使用したことが由来です。笑

名前に反して圧倒的な火力を持つ戦法ですので、攻めが好きな人にオススメですよ。

 

ゴキゲン中飛車の概要・特徴

基本的には、攻めながら受けることが必要になってくるので、忙しい戦法です。

しっかり手順をふんで指せば絶大な威力を誇りますが、手順を間違ってしまうと途端に大変なことになります。

 

ゴキゲン中飛車手順の一例

ゴキゲン中飛車は、先手でも後手でも使えますが、今回は先手での手順について説明します。

 

▲5八飛 △3四歩 ▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲5五歩

-

Picture 1 of 8

 

初手がいきなり特殊で、5八飛車と飛車を中央に振ってしまいます。

五筋の歩をついていく事で5五の位置を抑えてしまうことが重要です。

ここから相手は飛車先の突破を図ってきます。

 

△8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲5四歩

8

Picture 1 of 4

 

飛車を止めたいところですが、受けてしまうと一方的に攻めつぶされてしまいます。

こちらも飛車先の歩を突き、攻め合いに持ち込みましょう。

 

 △同 歩 ▲2二角成 △同 銀 

12

Picture 1 of 3

 

同歩と受けてきました。

角道が通ったので、角交換を仕掛けましょう。

角交換後、こちらには絶対に逃してはならない一手がありますね。

 

▲7七角 △8九飛成 ▲2二角成 △5五桂 ▲4八玉

15

Picture 1 of 5

 

絶対に逃してはならない一手が、▲7七角の飛車銀両取りです。

その後、飛車に攻め込まれますが、先手も角が攻め込むことができ、かつ駒得しているので先手が優勢となります。

以上でゴキゲン中飛車成功です。

 

手順の通し動画|ゴキゲン中飛車

 

ゴキゲン中飛車弱点

ゴキゲン中飛車には弱点が2つあります。

超速3七銀

1つ目は、「超速3七銀」

ゴキゲン中飛車に銀を3七と繰り出すことで角頭を狙ってくる戦法です。

これをされてしまうと、ゴキゲン中飛車は十分な威力を発揮できずに、角交換や飛車角交換をしたりと相手の攻めをさばく必要が出てきてどうしても防戦気味になります。

 

丸山ワクチン

2つ目は、「丸山ワクチン」

ゴキゲン中飛車が5五の歩を突く前に角交換をする戦法です。

この戦法を取られると、ゴキゲン中飛車の攻撃が続かずに長期戦の角交換の将棋になってしまいます。

 

まとめ

今回はゴキゲン中飛車についてお話しました。

 

つまり、ゴキゲン中飛車の基本的な考え方は2つ。

1つ目は、五筋に飛車を振ること。

2つ目は、5五の地点をしっかりと抑えることです。

この2点をしっかり意識しましょう。

 

-中飛車, 初心者, 定跡

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.