中級者 初心者 棒銀

角換わり棒銀の攻め方|端歩攻めと角を活用して両取りを狙う手筋

投稿日:

初心者にとって棒銀は分かりやすいため、「相手がどう指そうが棒銀で!」とする人も多いかと思います。

そんな人に向けて、ここでは角交換のあとに棒銀で攻める戦法「角換わり棒銀」について説明していきます。

お互いに角を持ち合うと急に大技が決まってしまいそうで少々不安ではありますが、棒銀側も狙いの手筋があります。

 

角換わり棒銀とは

 

棒銀戦法は居飛車の代表的な戦い方ですが、棒銀が完成するまでの手順の違いによっていくつかの呼び名があります。

「角換わり棒銀」はその中のひとつで、角交換の形から棒銀を目指す戦い方の呼び名です。

 

「角換わり棒銀」のほかには、飛車先の歩を中段まで進めてから銀を繰り出す「原始棒銀」、飛車先の歩を互いに交換してから棒銀にする「相掛かり棒銀」などがあります。

 

角換わり棒銀までの手順

▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△3二金▲7八金△7七角成▲同銀△2二銀▲2五歩△3三銀▲3八銀△6二銀▲2七銀△7四歩▲2六銀△1四歩

 

補足になりますが、5手目の▲7七角は後手から飛車先の歩を交換されないよう8筋を守った手です。

それを見て後手は△3四歩としてきました。

角交換されないためには▲6六歩が考えられますが、これだと角を動かすことができず、先手としては振り飛車を選ぶこととなります。棒銀を目指すので、これは指せません。

だからといって放っておくと、角道が開いているため△7七角成▲同桂△8六歩と8筋を破られてしまうので、▲8八銀と角に紐をつける手を採用。

以後角交換となりましたが、先手は予定どおり棒銀を目指しました。

 

端から攻めて両取りを狙う

それでは局面に戻りますが、先手としては△1四歩があるため1五の地点に銀を上げ2筋を突破するのが難しくなりました。

そこで端から攻めることにします。

 

▲1六歩△7三銀▲1五歩△同歩▲同銀△同香▲同香△1三歩▲1二歩

-

Picture 1 of 10

 

途中、端歩を銀ではなく香車で取ってしまうと△1三歩と受けられてしまい、その後の攻めが続かなくなってしまいます。

こういった形では取られはするものの銀で取るようにします。

 

その後、▲1二歩の局面では放っておくと▲1一歩成から桂取りの順がありますので、△2二銀と受けてくる手が考えられます。

その場合は、▲1一歩成△同銀▲8四香とする手筋があります。

-

Picture 1 of 5

飛車で取っても▲6六角、銀で取っても▲5五角と飛車銀両取りの技が決まりました。

これが、狙っていた手です。

両方を同時に守ることはできませんのでこの図は先手が有利となります。

 

相手は△1三歩のところで△1六歩とし、▲1八歩と1筋に歩を使わせなくしてから、△4四銀と桂馬の逃げ道を確保しつつ銀が出る手などもあります。

中級者以上の対局者の場合、先述の手筋がきれいに決まることはあまり多くありません。

 

まとめ

角交換から棒銀までの手順と、その後の角をつかった手筋をご紹介しました。

角を使った手筋は実践で使える機会は少ないかもしれませんが、このような手筋をコツコツ覚えていくことで、確実に有利に運べる局面が増えていきます。

役に立つ機会が少なくても、局面があられたときに手筋を思い出せる程度には頭に入れておきましょう。

-中級者, 初心者, 棒銀

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.