初心者

将棋の棋譜の読み方|どの駒がどのように動いたかを読み取る

更新日:

この記事では、棋譜の読み方や表記方法のルールなどについて説明していきます。

 

新聞などで「▲7六歩△8四歩…」のように数字と駒の種類が書かれたものを見かけることがありますが、棋譜の読み方を知らないと「いったい何のことを言っているのか?」と疑問に思うこともあるでしょう。

 

初心者にとって棋譜を読むのは難しくて、少々ハードルが高いですよね。

 

そこで、棋譜の読み方や表記方法のルールを分かりやすくご説明します。

棋譜を読めようになれば、過去のプロの差し回しも参考にできますし、戦術本などで将棋を学ぶときにも大いに役立ちますよ。

 

 

将棋の棋譜から分かること

 

棋譜とは対局中に指された手を順番に記録したものです。

それを見ればどの駒がどのように動いたかを知ることができるので、例え対局中その場にいなくとも、棋譜に従えば対局を再現できます。

 

また、対局の流れをより詳細に記載した棋譜もあり、手順だけでなく対局した日時や場所・対局者の氏名・その一手を指すまでに考えた時間なども記載することがあります。

 

動きを表す2つの数字と駒の種類

 

7六歩 、3四歩 、4八玉 ・・・

このように、駒の動きは2つの数字の後に駒の種類がセットで書かれています。

初めの数字は算用数字で「どの縦の列か」を、後の数字は漢数字で「どの横の列か」を表す場合が多いです。

++ で駒がどこに動いたのかが分かります。

 

将棋盤を「9×9」のマスに見立て、先手側を手前にしたときの右奥の隅を「1一(イチイチ)」の地点とします。

そこから左や手前に行くほど数字が大きくなり、例えば「7六歩」の表記であれば、先手側から見て右から7番目、上から6番目の地点に歩が進んだことを表します。

 

▲△|先手と後手を見分ける記号

どちらがその手を指したのか区別するために「▲7六歩」「△8四歩」のように駒の動きの前に▲か△のどちらかを表記します。

▲は先手△は後手を示します。

三角形ではなく駒の形をした五角形で表す場合もありますが、黒・白の区別は同じです。

黒が先手白が後手と区別すると簡単です。

 

省略できるものは省く

棋譜は省略できるものは省きます。

例えば一手前に動かされた駒を取るような状況。

同じ地点に駒が動くことになりますが、この場合「△同歩」のように表記します。

「▲7五歩△同歩」と書かれていれば、後手は7五の地点に歩を進め先手の歩を取ったことを表しています。

 

同様に、持ち駒を使う場面では毎回「▲7八金打」のように「打」と表記するのではなく、盤上にある金では7八の地点に動かせる余地がない場合は省略できます。

つまり、「▲7八金」と表記するだけで持ち駒の金を使ったことを表せます。

 

その地点に動ける駒が複数ある場合は「上引寄直左右」を表記

上図のように5七金・4八金・6八金・5九金がある場合、「▲5八金」と表記しただけではどの駒が5八の地点へ動いたか分かりません。

そのためどの金が動いたかを示す必要があります。

使われるのは「上・引・寄・直・左・右」の6つ。

 

実際に示してみると、

・5九金が5八の地点へ:▲5八金上

 

・5七金が5八の地点へ:▲5八金引

 

・6八金が5八の地点へ:▲5八金左

 

・4八金が5八の地点へ:▲5八金右

それぞれこのように表記されます。

これから順に説明しますので、現時点では「こんな感じか」ぐらいでokです。

 

「上引寄直左右」それぞれの意味

棋譜を正確に読むなら必ず覚えなければいけません。

たった6つですので、覚えるのは簡単です。

上:上方向へ

引:下方向へ

寄:横方向へ

直:真っ直ぐ上へ

左:左の駒が

右:右の駒が

 

「上・引・寄・直」は動作、「左・右」は駒

鋭い方は気が付いたかもしれませんが、「左右」だけ用法が異なります。

「上・引・寄・直」は「金がどの方向へ動いたか」と、動作を示しているのに対し、

「左・右」は「どちらの金が動いたか」と、駒を示しています。

この違いを理解していないと混乱してしまいます。

 

動作を優先して表記するのが基本(直は例外)

基本的には動作優先で表記されます。

たとえば、5九の金が4九へ動くとき

4九金左ではなく「4九金寄」とします。

このように、動作だけで分かる場合は動作を表記します。

 

ただ、直は例外で、直よりも左右が優先されます。

下図の場合、4八龍直ではなく「4八龍右」とします。

 

「左・右」の視点は指し手側

どちらの駒かを示す「左・右」ですが、これは指し手側の視点からみた方向です。

たとえば、「△5二銀右」と表記されている場合、後手からみて右側にある銀が5二へ動いたことを表します。

ですので、先手側からの視点でいうと左側にある銀が動いたことになります。

盤面を見ながらだと少々ややこしいので、慣れるまでは難しいところかもしれません。

 

 

まとめ

棋譜の読み方についての知識と混乱しやすいポイントの説明でした。

疑問点が解消されてスッキリできていれば幸いです。

ここまでの内容が頭に入っていれば、棋譜を読み対局を再現できますし、将棋の戦術本もしっかりと理解できます。

棋譜ならべや戦術本が難しいと感じていた方は、ぜひ今一度取り組んでみてください。

-初心者

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.