初心者 囲い

美濃囲いの崩し方|囲いの急所がどこかを見極め激しくせまる

更新日:

囲いがしっかりしていると王手をかける以前にどこから手を付けていいのか悩んでしまいがちですよね。

しかし、どんな囲いにも急所や弱点があり、そこを突けば案外簡単に崩すことができます。

 

今回は、もっともポピュラーな囲いのひとつでもある「美濃囲い」の崩し方について説明していきます。

 

角を使って玉のコビンを攻める

美濃囲いを相手にする場合、角と桂馬を使ってコビンを攻める手段が有効です。

コビンとは駒の斜め前にある地点のことで、急所になりやすいところです。

 

早速、局面を見てみましょう。

 

先手側:4六角(持ち駒に金と桂)

後手側:5二金、5三歩、6一金、6三歩、7二銀、7三歩、8一桂、8二玉、8三歩、9一香、9三歩(持ち駒なし)

 

後手陣の美濃囲いは完成しており、鉄壁の構えです。

対して、先手側の攻撃の手掛かりとなる盤上の駒は角のみ。持ち駒には金と桂馬しかありません。

 

一見すると駒が足りず、まだまだ時間がかかってしまいそうですよね。

 

でも実は、▲7四桂と打つと一気に即詰みとなります。

 

7三の歩で桂馬を取ると、玉が角で取られてしまうので玉を逃がすしかありません。

 

しかし、△7一玉や△9二玉と逃げたとしても、▲8二金で詰みです。

7四の桂馬が6二の地点にも効いているので後手玉は逃げることができません。

 

このように玉のコビンを角でにらんでいる局面では

「相手玉とこちらの角の間にある駒は動かせない」

という点を利用した強烈な攻めを仕掛けることができます。

 

飛車の横効きを利用した攻め

次は、飛車の横効きを利用した崩し方です。

 

先手側:3二竜(持ち駒に銀と歩)

後手側:5二金、5四歩、6一金、6三歩、7二銀、7三歩、8一桂、8二玉、8三歩、9一香、9三歩(持ち駒なし)

 

美濃囲いは外側にある金(この場合は5二の金)がいないだけでかなり防御力が下がります。

そこで、まずはこの金をいじめることを考えます。

 

この局面では、先手から▲5三歩と打つのが厳しい攻めとなります。

 

これに対して、後手は歩を取るか金をかわすかに分かれます。

 

△5三同金と歩を取った場合

 

△5三同金には▲6二銀が厳しいです。放っておけば▲6一銀不成とさらに迫ることができます。

▲6二銀に対し△6二同金は▲同竜とし、次に▲7一金と縛っても良いですし、▲5三竜と金を取る手も残っています。

 

金が逃げたとしても金銀交換となりますから、まだまだ先手の攻めは続きそうです。

 

△5一金引とした場合

 

△5一金引には分かりやすく▲5二銀と打つ手が単純ながら厳しい手になります。

どちらの金で取っても▲5二同歩成△同金▲同竜と進み、金2枚をはがすことに成功しました。

 

△6二金寄とした場合

 

 

△6二金寄にも▲5二銀とせまります。

△7一金と寄って頑張りますが、先手からはじっと▲5一銀不成と入る手があります。

 

▲5一銀不成に対し、△6一金引とさらにかわす手が受け手側の最善手。

しかしそれでも▲4二銀成くらいで次に▲5二歩成を狙うことができます。

 

最善手以外の手順
  • ▲5二銀に対して後手が同金とすれば、”△5一金引とした場合”と同じく金2枚を取れる展開になります。
  • ▲5一銀不成に対し、△5三金と歩を取るのは▲6二銀不成とでき”△5三同金と歩を取った場合”で説明したものとほぼ同じ展開になります。

 

まとめ

以上、美濃囲いの崩し方のご紹介でした。

コビンを狙う方法は拍子抜けするほど簡単で、驚きますよね。

最後に、今回のポイントをまとめましたのでおさらいにどうぞ。

 

  • 美濃囲いを相手にする場合、とりあえず玉のコビンを攻める筋を常に狙う。
  • 角がコビンを狙っている局面で金桂が持ち駒にあれば即詰みの手筋がある。
  • 飛車を使って横から攻める場合は、外側にある金から狙う。

 

-初心者, 囲い

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.