ハメ手・奇襲戦法 中級者 初心者 定跡

後手番用のハメ手 ”パックマン戦法” の手順

更新日:

ここでは「パックマン戦法」について説明します。

ハメ手や奇襲戦法は先手じゃないと使えないイメージがありますよね。

たしかにほとんどのハメ手や奇襲戦法は先手しか使えませんが、実は、後手でも使える戦法もあります。

それが「パックマン戦法」です。

しかし、あきらかに怪しい手を指しますので、ハマる確率は低いです。笑

強くなりたい人というより、遊びで指してみたい人や、知識として知っておきたい人にむけてご紹介しておきます。

 

パックマン戦法特徴

パックマン戦法という戦法名は、ゲームのパックマンから来ています。

その名の通りなんですが、こちらではなく相手に歩をパクッと食べさせるのが特徴です。

相手が挑発に乗って、歩を食べた後、こちらから連続で仕掛けていきます。

この仕掛けは、相手が対処を知らなければ大抵は成功します。

 

パックマン戦法手順

▲7六歩 △4四歩 ▲同 角 △4二飛 ▲5三角成

-

Picture 1 of 6

パックマン戦法は先手が7六歩と角道を開けてきたのに対して、4四歩と突いて相手の角を誘います。

ただで取れる駒の誘惑に負け、先手が歩を取ってきたら第一関門達成です。

ここで飛車を四間飛車のように回り込みます。

その後、5三角成と先手角が成りこんでくるでしょう。

 

△3四歩 ▲4二馬 △同 銀 ▲8八銀 △9五角 

6

Picture 1 of 5

後手は5三角成に対して4七飛成と安易に攻めずに、3四歩と角道を通すことが重要です。

その後、3四歩、4二馬、同銀、8八銀と進みます。

ここで9五角と王手をかけましょう。

 

▲7七飛 △3三桂 ▲9六歩 △7七角成 ▲同 銀 △4五桂 ▲4八銀 

11

Picture 1 of 7

先手は受けに回りますが、6八金や4八玉だと銀への飛車のよこききが途切れてしまい、次の8八角成で後手が優勢です。

7七銀で受けようとしても、7七同角成右、同桂、同角成、6八金、9九馬となり後手の必勝の形に。

以上の形にならないように、先手は9五角に対して7七飛打と受けるしか手がありません。

7七飛打から3三桂、9六歩、7七角成、同銀、4五桂と進み、

ここで先手が飛車以外で受けるとパックマン戦法大成功です。

 

△7七角成 ▲同 桂 △8九飛 ▲7八角 △9九飛成

18

Picture 1 of 5

これで後手優勢となります。

 

全手順動画

パックマン戦法弱点

パックマン戦法の弱点を2つご紹介します。

4四歩を無視

まず1つ目は、4四歩を無視されると、どうしようもなくなってしまうこと。

後手の4四歩を先手が角で取らずに駒組みを進めると、序盤での争いが起きず普通の将棋となってしまいます。

 

4五桂のときに5八飛

2つ目が、4五桂のときに5八飛と受けられた場合、大劣勢になること。

9五角から7七飛打と受けられ、3三桂、9六歩、7七角成、同銀、4五桂と進んだ場面。

▲5八飛 と受けられると、

△7七角成▲同 桂 △8九飛 ▲8八角 △同飛成 ▲同 飛

 

こうなるともはや攻める術はありません。

パックマン戦法は不発に終わった挙句、駒組・持ち駒で大きく損をする羽目になってしまいます。

 

まとめ

後手番でも使用できる「パックマン戦法」をご紹介しました。

 

名前も指し方もユニークな戦法ですよね。

指してみたいと思った方も多いんじゃないでしょうか。

 

個人的には、同じ戦法続きでマンネリ化してきたときの息抜きとして指してみてる、

というのがおすすめです。

-ハメ手・奇襲戦法, 中級者, 初心者, 定跡

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.