初心者 四間飛車

初心者におすすめの四間飛車はこんな戦法!メリットが多い

更新日:

将棋を始めたもののどんな戦法があるのかわからない、という方におすすめの戦法が四間飛車です。

ここでは、なぜおすすめなのかの理由とともに、四間飛車の特徴やメリット・デメリットをお話ししていきます。

 

四間飛車は振り飛車の一種

将棋には大きく分けて「居飛車」と「振り飛車」という戦術が存在しており、どちらかを選択して指していくことになります。

イメージとしては居飛車がひたすら攻めて、振り飛車は相手の攻撃をいなして自分の思う通りに盤面を運ぶという感じです。

四間飛車は振り飛車の一種で、攻撃をいなす戦い方が基本となります。

 

四間飛車は急戦に強く、応用もきく幅の広い戦法

四間飛車は対居飛車急戦に対して絶大な威力を誇る戦型です。

また四間飛車は藤井システムという応用した戦法にも繋げることができたりと、幅の広い戦法ですので、将棋初心者の方から上級者の方まで幅広く使われている戦術です。

 

四間飛車はカウンター戦法

プロの方にも四間飛車を指される先生は大勢いて、先ほど述べた藤井システムの考案者である藤井猛九段は四間飛車のスペシャリストと言えるでしょう。

その藤井猛九段曰く、四間飛車の極意を一言で言うと「相手の力を利用して、投げる」とのこと。

カウンターが得意な戦法ということですね、

 

四間飛車を戦法にするメリット3つ

定跡が充実している

序盤の定跡がかなり確立されている戦法ですので、しっかりと四間飛車について最初に勉強しておけば序盤のさばき方は困ることは少なくなります。

中盤・終盤への意識を持てるようになる

持久戦に持ち込むことが基本の四間飛車の勉強することで、序盤の駒組からしっかりと中盤や終盤について意識しやすくなります。

そのため、自分が何を目的に駒を動かしているのかという感覚を早く身に付けることができます。

相手の四間飛車に対策ができる

非常に多くの人が指している四間飛車を勉強することで、相手が四間飛車を指してきたときに相手が何をしたいのかがわかるようになります。わかれば、それを防ぐことができますね。

 

 

四間飛車のデメリットは対策が進んでいること

四間飛車は指す人が非常に多いため、対策の研究も進んでいます。

中級者になれば研究の差であっさりかつということはほかの戦法より少なくなります。

 

しかし、四間飛車を指しているひとは非常に大勢いるものの、本当に終盤まで勉強できているひとは僅かなので、終盤までしっかりと勉強することで周囲に十分差をつけることはできます。

 

まとめ

今回はどんな戦法を使うか迷っている人向けに四間飛車の説明と、メリットとデメリットをご紹介しました。

初心者が四間飛車を使うことのメリットをまとめると、

「学びやすく、使っているうちに将棋の基本がバランスよく身に付く」です。

序盤の定石を覚えるだけでもだいぶ変わってくるので、初心者のかたはぜひ四間飛車を使ってみてください。

 

-初心者, 四間飛車

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.