初心者 四間飛車

四間飛車のための早石田対策

更新日:

ハメ手並に初心者の天敵である早石田。

筆者も最初は序盤の受け方が分からず、何度もやられました。

早石田の特徴は何と言っても急戦。序盤の猛攻ですよね。

おそらく、この猛攻にやられている初心者の方がいらっしゃると思いますので、序盤のよくあるパターンを挙げて対策をご紹介しておきます。

四間飛車はじっくり戦う戦法ですが、相手が早石田で急戦をしかけてきた場合、じっくり戦うのはあきらめましょう。

無視して駒組みなんて始めてしまった日には、目も当てられないほどコテンパンにやられてしまいます。笑

前提

  • 自分は後手
  • 下側が自陣
  • 自分は四間飛車、相手は早石田

初手からパターンに分かれる局面まで

▲7六歩 △4二飛 ▲7五歩 △3四歩

-

Picture 1 of 5

 

では、△3四歩からの展開と対策をご紹介していきます。

 

角道を止めてこなかったパターン

 

▲7八飛 △8二銀

4

Picture 1 of 3

まずここがポイントで、四間飛車を指していると7二銀と指したくなりますが、グッと我慢して△8二銀としましょう。
後の、角打ち・香取りを防ぐためです。

ここから分岐します。

 

分岐①

▲2二角成 △同 銀 ▲5五角 △6五角

6

Picture 1 of 5

このように角交換から角を攻めに参加させて来たらしめたものです。

6五角と返せば向こうがどう受けようと、角がただで成りこめます。

これで優勢となりますし、一方的に攻められることはなくなりました。

 

分岐②

6手目の△8二銀の局面まで戻ります。

▲5八金左 △2四歩 ▲4八玉 △8八角成

6

Picture 1 of 5

 

角交換前に角打ちに備えてきたときは、2四歩と突いて反撃の準備をしましょう。

そして玉を左に寄せてきたときに角交換を仕掛けます。

ここから大抵は、 

▲同 銀 △3二銀 ▲7七銀 △3三銀

となり、互角の状態で落ち着きます。

10

Picture 1 of 5

 

角道を止めてきたパターン

次は、4手目の△3四歩の局面で角道を止めてきたパターンです。

こちらのほうが難しい将棋になりやすいです。

▲6六歩 △3五歩 ▲7八飛 △3二飛 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3六歩

5

Picture 1 of 8

 

ここから分岐します。

 

分岐①

▲同 歩 △5五角

13

Picture 1 of 2

これは相手のうっかりですね。

角の成りこみが成功し、大優勢となります。

 

分岐②

▲2八銀 △5五角 ▲4八金 △3七歩成 ▲同 銀 △同角成
▲同 桂 △3六歩 ▲4五桂 △3七歩成 ▲5三桂成 △4八と
▲同 玉 △4二銀 ▲6三成桂 △3九銀 ▲5八玉 △3八飛成 

△3七歩成と、こちらから仕掛けることで攻め合いの展開となります。

最終手の局面は若干こちらが優勢です。

短期決戦にしたいならこちらの手がおすすめです。
 

分岐③

▲2八銀 △5五角 ▲4八金 △3五飛 ▲5六歩 △3七歩成
▲同 銀 △7三歩 ▲7八飛 △4四角 ▲7七角 △3七飛成
▲同 桂 △6七銀 ▲9八飛 △7六銀不成▲7八銀 △7七銀成
▲同 銀

△3七歩成とせずに△3五飛と上がり、相手の飛車が5段へと下がるのを防ぎます。

その後は持久戦の展開となります。

「やっぱり四間飛車みたいに、じっくり戦うのが好き」という方はこちらの手がおすすめです。
 

まとめ

以上が私が実践している、四間飛車を指すときの早石田対策です。

まったく同じ展開というのは少ないですが、これ以外のパターンの大抵は相手に隙があります。

上記のパターンを覚え、パターンから逸れたら隙を突いていきましょう。(それが一番難しいんですが笑)

-初心者, 四間飛車

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.