ハメ手・奇襲戦法 中級者 初心者

一手ずつ画像で覚える|”新鬼殺し”の手順と弱点

更新日:

「鬼殺しをせっかく覚えたのに、対局者のレベルが上がって通用しなくなってしまった・・・」

という人におすすめしたい戦法が鬼殺しの改良版である「新鬼殺し」戦法です。

なんと、この奇襲戦法、失敗しても力戦に持ち込めます。

成功すれば大優勢、失敗しても少ししか劣勢にならないという、少々卑怯感のある戦法です。

 

指してみたい方は、これから説明する手順と失敗したときの対処法をみていってください。

 

新鬼殺し手順

新鬼殺しは、初手から▲7六歩、△8四歩、▲7五歩、△8五歩、▲7七角、△3四歩、▲7八飛と飛車を回りこませます。

ここで相手からの角交換を誘い△7七角成、▲同桂とします。

角交換するとともに跳ねた桂馬を攻めに使うので、1手早く攻めることができます。

Picture 1 of 10

 

主な狙いは鬼殺しと同じく7筋の攻略です。

 

ここからの主な成功パターンは3つあります。

 

成功パターン1

1つ目は、同桂から8六歩、▲同歩、△同飛、▲7四歩、△6二銀、▲7三歩成、△同銀、▲6五桂、△6二銀、▲5三桂不成。

10

Picture 1 of 10

 

後手は、この桂馬を銀で取ってしまうと次の9五角打ちで王手と飛車に同時にあたってしまうので、取れません。

先手はどちらか一方の金を取って、先手優勢となります。

 

成功パターン2

2つ目は、同桂から5四角打、▲5五角打、△2二銀、▲8五桂。

10

Picture 1 of 4

 

後手はこの次の▲7三桂成をうまく受けることができません。

8五の桂馬を△同飛車と取るか△6二銀で受けてきたら、▲2二角成としましょう。

まだまだ分かりませんが、先手が少し優勢となります。

 

成功パターン3

3つ目は、同桂から4五角打で▲6五桂、△6七角成、▲7四歩、△同歩、▲5五角、△2二銀、▲7四飛、△3三銀、▲6二歩。

10

Picture 1 of 10

 

後手は7筋が受からないので先手の鬼殺し大成功となる。

 

新鬼殺しの弱点

先ほど説明した3パターンのすべてにおいて、

「居玉の状態で常に王手飛車が狙われる」

「2二の銀が角打ちで狙われる」

という2つの局面に誘導していますので、この2つの狙いを対策されてしまうと新鬼殺しは封じれらてしまいます。

具体的には、角交換をする場面で△4二玉とあがられることです。

この1手で新鬼殺しの狙いを外されてしまいます。

 

4二玉と上がられたときや、相手が角交換をしてこなかったときは、通常の三間飛車などの戦法に切り替えましょう。

 

まとめ

鬼殺しの特徴をまとめると、

  • 先手番の戦法
  • 鬼殺しに比べると対応策が知られておらず、成功する可能性が高い
  • ”相手が対応してきても振り飛車で持ち直せるリスクの少ない奇襲戦法”
  • 弱点は4二玉と上がられること

鬼殺しを指されたら4二玉としておけばいいので楽ですね。

逆に、そこで引き返せるのも新鬼殺しのメリットといえます。

-ハメ手・奇襲戦法, 中級者, 初心者

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.