歩|基礎知識と使い方

歩についての基礎知識

歩の表と裏

表は「歩兵」または「歩」

裏は「と」

と書かれています。

 

”と” は「金」を最大限簡略化したものです。(諸説あります)

ですので、正確には金ですが、一般的に歩の裏は「と」とされています。

 

歩の読み方・呼び方

歩は「ふ」、歩兵は「ふひょう」

と読みます。

 

”と” は「と金(トキン)」と呼びます。

成歩ではなないので注意。

 

歩の由来

歩の由来は単純に一歩ずつ歩むからです。

「と」は先ほども書きましたが、金の字体を大きく崩した結果、”と”のようなったことからです。

 

歩の動き

 

歩は前に一マスだけ動けます。

と金は斜め後ろ以外の方向に一マス動けます。(金と同じ)

 

歩の価値

歩は玉を除いた7つの駒の中で7番目に価値のある駒です。

つまり、もっとも価値の低い駒です。

 

具体的な価値はこちら。

谷川浩司九段が示した駒の価値です。

価値成ったときの価値
112
香車510
桂馬610
89
9-
1315
飛車1517

 

歩の使い方・手筋

歩の使い方の基本

先陣を切らせる

歩は一番前にあるため当然とも言えますが、先陣を切らせます。

角交換やハメ手などは例外として、歩同士がぶつかることで戦いが本格化します。

 

相手の隙を作る

歩を相手の駒にぶつけて、動かし、隙を作ります。

歩は取られても影響が小さいため、こうした捨て駒的な使い方も基本となります。

 

受け駒にする

歩は受け駒としても頻繁に使います。

歩で受けると駒交換になっても、駒の価値においては絶対に損しません。

受け駒として最もコストパフォーマンスのいい駒です。

 

歩の手筋

たれ歩

たれ歩は上から4段目に歩を打つ手筋です。

と金を作りたいときに使います。

 

たたきの歩

たたきの歩は相手の駒にぶつけるように歩を打ち、強制的に動かす手筋です。

 

1

Picture 1 of 4

 

ちなみに、歩に対して歩を打つことは”たたきの歩”とは言わず「合わせの歩」と言います。

手筋の流れは同じです。

 

継ぎ歩

歩を継いでいく手筋です。

分かりやすくいうと、たたきの歩の連続バージョンです。

下図のように大抵は”たれ歩”も併用します

1

Picture 1 of 12

 

歩に関する格言

 

歩のない将棋は負け将棋

歩は最も弱く価値も低い駒ですが、歩がなければ上手く攻めれず負けてしまう、という格言です。

将棋をある程度指せるようになると、誰もが実感できます。

 

一歩千金

一歩の差で勝ち負けが決まることもあり、歩大切さを説く格言です。

 

二枚替えなら歩ともせよ

二枚替えの威力を表す格言です。

誇張された表現ですので、実際には歩二枚だと損することがほとんどです。

 

手のない時は端歩を突け

効果のありそうな手がないときは端歩をついておけば失敗はないという格言です。

実際に端歩をついておくことがベストな局面は多々出てきます。

 

打ち歩詰めに詰みの余地あり

打ち歩で詰みになるならほ他にも詰み筋がある場合が多いという格言です。

 

開戦は歩の突き捨てから

開戦前に歩を突き捨てて、あらかじめ戦いやすい状態にしておくのが良いという格言です。

 

三歩持ったら継ぎ歩とたれ歩

持ち駒に歩が三つあれば、継ぎ歩で駒を釣り上げて、たれ歩ができるという格言です。

 

5三のと金に負けなし

5三の地点にと金を作ると非常に有利になるという格言です。

 

と金のおそはや

と金で攻めるのは遅いように見えて、実は早いという格言です。

駒のスピードは確かに遅いですが、駒交換になったときに確実に駒得できるため、攻めのスピードは早くなるのです。

 
と金は金と同じで金以上

と金は金と同じ力がありますが、それに加えて取られても相手には歩を与えるだけなので、金以上だという格言です。

 

金底の歩岩より堅し

二段目にある金の下に歩を打つ「底歩」は非常に堅い守りになるということです。

 

三歩持ったら端に手あり

持ち駒に歩が三つあれば、端をせめる良い手があることが多いという格言です。

 

端玉には端歩

玉が端にある場合には、端歩をつくのが効果的だ。という格言です。

とくに香車の上に玉があると、端をついていくだけで相手は受けに困ります。

 

飛車先の歩交換三つの得あり

飛車先の歩を交換すると、飛車道が開ける・歩を持てる・他の駒の効きが増える、の三つの得があるという格言です。

投稿日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.