銀|基礎知識と使い方

銀についての基礎知識

銀の表と裏

  • 表には「銀将」または「
  • 裏には「

と書かれています。

裏の金は本来の「金」と区別がつくように、崩した字体になっています。

銀の読み方

銀は「ぎん」と読みます。

銀の由来

銀はその名の通り、貴金属の銀が由来です。

将棋の駒は、当時の高級品が由来となったものが多く、銀はその一つです。

 

銀の動き

銀は 前と斜め方向すべて に1マス動けます。

成銀になると、斜め後ろ以外 に1マス動けます。(金と同じ)

成ると斜め後ろに動けなくなる点に注意!

銀の価値

銀は玉を除いた7つの駒の中で4番目に価値のある駒です。

 

こちらは谷川浩司九段が示した駒の価値です。

価値成ったときの価値
112
香車510
桂馬610
89
9-
1315
飛車1517

 

銀の使い方・手筋

銀の使い方の基本

攻めに使う

銀は攻め向きの駒ですので、最低でも一駒は攻めに使うのが基本です。

 

攻め向きな理由

  • どの斜め方向にもうごけるため、他の駒との連携がとりやすい
  • 後方に引く方向が2つあるため、取られにくい

ななめに使う

斜めに動き、ほかの駒と連携をとるのが銀でせめるときの基本です。

この連携を主軸とした棒銀とよばれる攻め方がありますが、シンプルながら強力で、プロも多用します。

 

銀の手筋

銀の手筋の中でも基本的で簡単な手筋を2つご紹介します。

割打ちの銀

斜め後ろを狙った両取りの手筋です。

銀と金を交換できます。

桂頭の銀

桂馬の頭に打つと桂馬の働きを完全に抑えられます

確実に桂馬をとることができるので、桂馬が必要なときにも使える手筋です。

 

銀に関する格言

攻めは銀、受けは金

攻めは斜め方向が得意な銀、守りは横に動ける金が向いているという格言です。

 

銀は千鳥に使え

千鳥に使うとは、千鳥足のように左右に振りながら使うということ。

つまり、銀は斜めに動けという格言です。

 

桂頭の銀定跡なり

桂馬で攻められたときは、桂馬の頭に銀を打つのが良いという格言です。

 

銀は成らずに好手あり

大抵は成ったほうが有利になるが、銀に関しては成らないほうが良い場合もあるという格言です。

 

歩越銀には歩で受けよ

歩を追い越して出てきた銀に対しては、次に動くだろうマスにあらかじめ歩を効かせると良いという格言です。

 

格言からわかる銀の使い方

  • 攻めに使え
  • 斜めに使え
  • 桂馬の攻めには銀を打て
  • 不成りも考えろ

 

更新日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.