角|基礎知識と使い方

角についての基礎知識

角の表と裏

は「角行」または「角」

には「龍馬」または「馬」

と書かれています。

角の読み方

表の角は「かく」、角行は「かくぎょう

裏の馬は「うま」、龍馬は「りゅうま

と読みます。

角行・龍馬の由来

角行は名前の通り、角の方向へ行けることが由来です。

昔は、角行のほかに横行・竪行などもありましたが、現在の将棋には角行のみが残りました。

 

龍馬は空想上の生物が由来です。

龍馬は馬と龍が合わさった姿で、神の使いとされています。

ちなみに日光東照宮に龍馬の彫像があります。

 

※由来は諸説あります。

 

角の動き

角は斜め方向ならどこまでも動くことができますが、前後左右には動けません

馬になると、角の動き+前後左右に一マス動けるようになります。

(角・馬どちらも駒を飛び越えることはできない)

 

角の価値

玉を除いて上から2番目に価値のある駒です。

二つある大駒のうちの一つで、非常に価値の高い駒とされています。

 

こちらは谷川浩司九段が示した駒の価値です。

156891315

 

角の使い方・手筋

角を使うときの基本

 

  • 遠くから相手の駒を狙う

角は遠くから駒を狙うのが基本的な使い方。

スナイパーのようなイメージを持つといいかもしれません。

  • 取られやすいため安易に打たない

狭い位置で行き場がなくなると、歩でも簡単に取られてしまいます。

前後左右に動けないことを常に頭に入れておくのが大事です。

 

角を使った手筋

  • 両取り

角と言えば両取りですね。

上図は王手飛車といい、「目から火の出る王手飛車」という格言があるほど強力な一手。

金と銀、桂馬と香車、などでも両取りは有効な手です。

角を持ったら常に狙っていきたいところ。

 

  • 遠見の角

遠見の角とは、遠くから角で狙うこと

狙うのは主に守りの薄いところか、か、飛車です。

角の攻撃は受けるのがむずかしく、一気に相手陣が崩れることもあります。

 

 

角に関する格言

  • 角の頭は丸い

角は直進できないことから、頭(前方部)に攻撃力はないぞ(丸い)という意味。

 

  • 馬の守りは金銀三枚

馬を守りに使うと金銀三枚分の働きをするという格言です。

 

  • 竜は敵陣に馬は自陣に

竜は相手陣におき、馬は自陣におくのが良いという格言です。

これは相手陣では馬のななめにどこまでも進めるという強みが生かせないためです。

 

  • 大駒は離して打て

飛車や角などの大駒は他の駒とは離して打てという格言です。

これは、大駒のどこまでも進めるという強みを生かすためと、合いごまで受けられたときに大駒が取られてしまうのを防ぐための二つの理由からです。

 

  • 序盤は飛車より角

序盤は飛車より角を活用したほうが有利に展開しやすいという格言です。

角は歩をどかすと一気に相手陣をにらむことができ、歩の隙間から相手陣へ入り込めます

 

  • 遠見の角に好手あり

遠くから角を打つ手は良い手になることが多いという格言です。

とくに終盤において威力を発揮します。

 

  • 角筋は受けにくし

角の攻撃は止めにくいという格言です。

 

  • 玉は敵の角筋を避けよ

角で狙われないような位置に玉を置けという格言です。

角で玉を狙われると玉と角の間にある駒の動きが制限されます。

 

  • 攻めは飛角銀桂守りは金銀三枚

攻めるときは飛車・角・銀・桂馬

守りは金銀三枚

と、理想とされる攻守のバランスを示した格言です。

 

格言から分かる角の使い方

  • 頭の隙に気を配れ
  • 角は攻めに使え
  • 馬は自陣で使え
  • 離して打て
  • 序盤で活用しろ
  • 遠くから狙え
  • 玉を狙え

 

角交換

実践では角交換という角と角を交換する場面が多くあります。

先に角をとったほうが先に角を打てるので有利かと思いきや、損してしまう局面もあります。

角交換するときに駒がどう動くのかを十分に考えるのが大事です。

更新日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.