桂馬|基礎知識と使い方

桂馬の基礎知識

桂馬の表と裏

表には「桂馬」

裏には崩された字体で「金」

と書かれています。

 

裏の金は”本来の金”と区別がつくように、字体が崩されています。

活字で表記するときは、ふさわしい漢字がないため、「圭」や「今(キン)」を代用します。

桂馬の読み方・呼び方

桂馬は「けいま」と読みます。

成ったとき、字は金ですが「成桂(なりけい)」と呼びます。

桂馬の由来

桂と馬、それぞれ別の由来からきています。

まず「桂」は、肉桂(ニッキ)という香辛料が由来です。

肉桂とはクスノキ科の常緑高木のことで、シナモンやカシアがそれにあたります。

つぎに「馬」は、桂馬の跳ねる動きが馬を連想させることからです。

 

桂馬の動き

 

 

桂馬の価値

桂馬は玉を除いた7つの駒の中で5番目に価値のある駒です。

 

こちらは谷川浩司九段が示した駒の価値です。

価値成ったときの価値
112
香車510
桂馬610
89
9-
1315
飛車1517

 

桂馬の使い方・手筋

桂馬の使い方の基本

序盤は自陣で守りに使う

桂馬単体で攻めると、たちまち取られてしまいます。

序盤はあまり動かさずに、守りに使うのが原則です。

(ハメ手や急戦では序盤に使うこともある)

 

中盤から上手く攻めに参加させる

中盤からは、駒をどれだけ効率的に働かせるかが勝負になりますが、

対局者のレベルが上がるほど、桂馬の働きの差で戦況が決まってしまいます。

桂馬を上手く使うのはほかの駒と比べて難しいため、そこが勝負の分かれ目になりやすいのです。

 

持ち駒に持ったら両取りの隙を探す

桂馬は両取りの手筋がいくつもあるぐらい、両取りしやすい駒です。

桂馬を持ったら両取りを積極的に狙いましょう。

 

桂馬の手筋

初心者でも扱いやすい、桂馬の手筋を3つご紹介します。

ふんどし桂

最も基本的な桂馬の手筋です。

簡単に両取りができます。

控えの桂

桂馬を打ちたいところに相手の駒があるときの手筋です。

文字通り一旦控えて、打てなかった地点を狙います。

1

Picture 1 of 2

 

継ぎ桂

桂馬を打ちたいところが相手の駒の射程範囲にあり、打てないときに使う手筋です。

桂馬の着地点にもう一枚桂馬を打ち、二枚の桂馬を継いで攻めます。

1

Picture 1 of 4

 

 

桂馬の格言

 

桂馬は控えて打て

控えて打つ手が、良い手であることが多いという格言です。

 

桂馬の王手は合い駒きかず

桂馬は駒を飛び越えて移動できるため、桂馬で王手をかけられたら、合いごまがきかないという格言です。

逃げるか桂馬を取るしかありません。

 

桂馬の高飛び歩の餌食

桂馬を動かすとき、高跳びのように自駒(歩)を跳び越えてしまうと相手の歩で簡単にとられてしまうという格言です。

 

三桂あって詰まぬ事なし

桂馬が3つあれば大抵、玉を詰ますことができるという格言です。

 

桂頭の玉寄せにくし

桂馬の頭に玉を置くと詰まされにくいという格言です。

 

桂先の銀定跡なり

桂馬で攻められたときは、桂馬の頭に銀を打つのが良いという格言です。

 

格言から分かる桂馬の使い方

  • 控えて打て
  • 寄せに使え
  • 高跳びするな
  • 三桂あったら詰みを探せ
  • 桂頭の銀に気をつけろ

 

更新日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.