金|基礎知識と使い方

金についての基礎知識

金の表と裏

表には「金将」または「」と書かれています。

裏には何も書かれていません。

金読み方

金は「きん」と読みます。

金の由来

金の由来はその名の通り、貴金属である「金」が由来です。

将棋の駒は、当時の高級品が由来となったものが多く、金はその一つです。

 

金の動き

金は斜め後ろ以外の方向に1マス動けます。

成ることはなく、動きが変わることはありません。

 

金の価値

金は玉を除いた7つの駒の中で3番目に価値のある駒です。

玉をつますのに向いているため、終盤は価値があがります。

 
こちらは谷川浩司九段が示した駒の基本的な価値です。

価値成ったときの価値
112
香車510
桂馬610
89
9-
1315
飛車1517

 

金の使い方・手筋

金の使い方の基本

守りに使う

金は守り向きで、攻めには向かない駒です。

 

理由は前方と横には隙がないが、後方には隙がある駒だからです。

つまり、前へ出れば出るほど後方の弱点を狙われやすくなります。

たとえば、後方から銀で狙われたり、後ろの味方駒が邪魔で引けなくなったり。

 

詰ますときに使う

玉に添えて打ったとき、もっとも逃げ場が少なくなるのが金です。

詰ますのにもっとも適した駒といえます。

 

金の手筋

使いやすい基本の手筋を4つご紹介します。

頭金

玉の頭に金を打ち、詰ます手筋です。

 

腹金

玉の横に金を打ち、詰ます手筋です。

 

尻金

玉の下に金を打ち、玉を下す手筋です。

1

Picture 1 of 5

 

 

送りの手筋

飛車と連携し玉を詰ますときの手筋で、玉の横に金を打つことで玉と守り駒のつながりを解きます。

王を端に送るので送りの手筋と呼ばれています。

1

Picture 1 of 7

 

金に関する格言

 

金は引く手に好手あり

金は斜め下が弱点ですが、引くことで弱点を狙われるリスクが減って良い手になりやすいという格言です。

 

一段金に飛車捨てあり

自陣の一段目に金があれば、飛車打ちに対して飛車を捨てる手も考えれるという格言です。

 

金は斜めに誘うべし

金は斜めに動くと元の位置に戻れないため、陣形がくずれたり、金が逃げられなくなったりする。

その弱点をつけという格言です。

 

金底の歩岩より堅し

金が二段目にあるときに金の下に歩を打つと、非常に堅い壁になるという格言です。

 

要の金をねらえ

敵玉を守っている駒の中で、もっとも要となっている金をねらうと崩しやすいという格言です。

 

金なし将棋に受け手なし

金がないと、途端に受けられないことが多くなるという格言です。

 

金はとどめに残せ

金は玉を詰ますときのために残しておけという格言です。

実際、詰ますときに金を使う場面は頻繁にでてきます。

 

攻めは銀、受けは金

攻めは斜め方向が得意な銀、守りは横に動ける金が向いているという格言です。

 

 

格言からわかる金の使い方

  1. 基本守りに使え
  2. 詰ますときに使え
  3. できるだけ斜めに動くな
  4. できるだけ一段目に置け
  5. 底歩で飛車を止める手もある

更新日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.