香車|基礎知識と使い方

香車の表と裏

表は「香車」

裏は字体を崩して「金」

と書かれています。

 

裏の金は”本来の金”と区別がつくように、字体が崩されています。

活字で表記するときは、ふさわしい漢字がないため、「杏(キョウ)」や「仝(ドウ)」を代用します。

香車の読み方・呼び方

香車は「きょうしゃ」と読みます。

裏の金は「成香(なりきょう)」と呼びます。

 

香車の由来

「香」と「車」

それぞれ別の由来があります。

まず「車」は言葉通り、馬車などに使用される車からきています。

もともと”どこまでも動ける駒”に対して○車と名付けることが多かったようです。

つぎに「香」は、香木が由来です。

 

香車の動き

香車は真っ直ぐ前にどこまでも動くことができます。

成香は斜め後ろ以外に一マス動くことができます。(金と同じ動き)

 

香車の価値

香車は玉を除いた7つの駒の中で6番目に価値のある駒です。

 

具体的な価値はこちら。

谷川浩司九段が示した駒の価値です。

価値成ったときの価値
112
香車510
桂馬610
89
9-
1315
飛車1517

 

香車の使い方・手筋

香車の使い方の基本

端攻めに使う

香車は端にあるため、持ち駒とするまでは端攻めに使うほかありません。

急所に向けて打つ

攻め駒として急所へ向けて打ちます。

単純ですが、香車の特徴と生かした強力な一手です。

出来るだけ下段に打つ

香車は前にしか進めません。

そのため、下段にある方が大きな働きができます。

 

香車の手筋

初心者でも扱いやすい、桂馬の手筋を3つご紹介します。

田楽刺し

角や桂馬などの前に動けない駒の頭に打ちこむと、その駒かその後ろの駒、どちらかを必ず取ることができます。

事実上の両取りの手筋といえます。

二段香

香車を二つ縦に並べて攻める手筋です。

単純すぎて、これでいいの?と思うかもしれませんが、案外強力なんです。

1

Picture 1 of 4

 

香車に関する格言

香は下段から打て

香車は下段から打ったほうが大きな働きができるという格言です。

投稿日:

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.