初心者

詰将棋のルールにはどういったものがあるの?具体例を見ながら解説

投稿日:

棋力アップのために詰将棋は欠かせないとよくいわれています。

しかし、「いざ問題を解いてみよう」と思っても、ルールが分からなければ何をどうしたら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。

 

そんな方のために今回は、「そもそも詰将棋とは何か」「詰将棋のルール」について解説していきます。

 

詰将棋とは

詰将棋とは、ある局面が提示され、そこから相手玉を詰ます手順を見つける一種のパズルのようなもの。

目的は相手玉を詰みの形まで持っていくことです。

相手玉の詰まし方を訓練できるので、実戦(特に終盤)で役に立つとされています。

 

駒の動かし方や禁じ手などの基本的なルールは詰将棋も普段指す将棋も同じなのですが、いくつか詰将棋特有のルールもありますので、確認をしていきたいと思います。

 

連続して王手をかける

詰将棋では、攻撃する側から指し始め、連続王手をして相手玉にせまっていかなければなりません。

 

具体例を見ていきます。

 

(局面の説明)

先手:1四歩、2四歩、4二と(持ち駒・角、金)

後手:1一香、1二歩、2一金、2二玉、4三竜(持ち駒・残りすべて)

 

例えばこのような局面が実戦で現れたら、迷わず竜を取りたいところですが、これでは詰将棋の正解手順とはいえません。

ちなみに正解は▲4四角△同竜▲2三金の3手詰めとなります。

1

Picture 1 of 3

 

攻撃側は最短手順で詰ますようにする

もう一つ攻撃側のルールとして、「最短手順となるよう全力で相手玉にせまる」というものがあります。

こちらも具体例で示します。

(局面の説明)

先手:2三と、3三金(持ち駒なし)

後手:2一玉(持ち駒・残りすべて)

 

例えばこの局面。

図から▲3二金△1一玉▲2二金(と)とすれば連続王手で詰む形にはなります。

問題無いように思えますが、これは不正解。

1

Picture 1 of 3

 

2二金(と)と指せば1手で詰みですので、最短手順となり、こちらが正解です。

 

詰将棋では、「○手詰め」と提示している場合がありますので、もしそれよりも長い手順となってしまったら、どこかに見落としがあるのかもしれません。

 

守備側は最長手順で逃げるようにする

「攻撃側もそうですが守備側も全力を尽くしましょう」ということです。

それでは、具体例を見てみましょう。

 

(局面の説明)

先手:1四金、3四歩(持ち駒・金、銀)

後手:3二玉、4一歩(持ち駒・残りすべて)

 

ここから▲3三金と打つのが正解手順なのですが、これに対して△3一玉と逃げると▲3二銀と打ち、3手で詰んでしまいます。

1

Picture 1 of 3

 

一方、▲3三金に対して△2一玉と逃げれば、▲2二銀△1二玉▲1三金と詰むまでに5手かかります。

1

Picture 1 of 5

 

この場合、前者の3手で詰んだ形は「守備側は全力で逃げようとしていない」と判断されるので不正解になります。

 

無駄に合い駒をしない

守備側は無駄に手数を伸ばすためだけの合い駒はしないようにします。

 

(局面の説明)

先手:2五飛、3三と、4四角(持ち駒なし)

後手:1二玉、2一角、2四歩(持ち駒・残りすべて)

 

ここから▲1五飛と回る手が正解手となります。

無駄な合い駒の例は△1四歩です。

確かに△1四歩と打てば王手を防ぐことはできますが、▲1四同飛と取られたとき、▲1五の飛が▲1四飛になっただけで状況は何ら変わっていません。

2

Picture 1 of 2

 

合い駒はもちろんしても良いのですが、後手としてはこのような無駄な延命策はしないようにします。

 

ちなみに正解手順は、▲1五飛△1三歩(※)▲2二と、までの3手詰めです。

2

Picture 1 of 2

 

※合い駒をする場合、基本的にはできるだけ価値の低い駒を使用するとされています。

 

まとめ

以上、注意すべき詰将棋の主なルールでした。

合い駒については知らなかった方も多いのではないでしょうか。

今回の内容を簡単にまとめますと、

  • 連続して王手をかける
  • 最短手順で詰ます
  • 攻撃も守りも最大の努力をする
  • ただし、手数を伸ばすためだけの合い駒はしない

という感じです。

詰将棋に取り組めば棋力向上まちがいなしのですので、

ぜひ今回の内容を踏まえて詰将棋に取り組んでみてください。

-初心者

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.