中級者 初心者 囲い

矢倉囲いの崩し方|横から攻める方法と縦から攻める方法を解説

投稿日:

居飛車党を相手にすると、よく矢倉に囲ってくる局面を見かけますが、金銀3枚で守られた堅陣を前に「いったいどこから攻めたらいいの?」と攻めあぐんでしまうこともあると思います。

 

この記事では、矢倉囲いの弱点や急所となる攻め方について解説していきます。

 

横から崩す-「横からの飛車のにらみは強烈」

 

(局面の説明)

先手:3七桂、5一馬、7二飛(持ち駒に銀)

後手:1一香、1三歩、2一桂、2二玉、2三歩、3二金、3三銀、3四歩、4三金、4四歩(持ち駒なし)

 

 

この局面では先手もだいぶせまってはいますが、まだまだ後手陣は金銀3枚の矢倉囲いが健在ですね。

ここからは、矢倉の弱点を突いた攻めが非常に有効です。

矢倉の弱点とは玉の隣にある3二の金。

 

 

飛車の横利きがあるので前後に動けないのと、駒の効きが少ないのがポイントです。

 

そんな矢倉の弱点を突く良い手が▲4一銀と打つ手。

この一手で矢倉が崩れるどころか、玉が詰んでしまうこともあります。

 

 

さて、放っておくと▲3二飛成と詰んでしまいますので後手は何か対応することになります。

相手の対応ごとの手順をみていきましょう。

 

「△4二金寄」とした場合

この場合は▲4二同馬と切る手が強烈です。

これに対し△4二同金は▲4二同飛成とし、銀で取られたとしても金2枚を並べれば詰みます。

1

Picture 1 of 9

 

△4二同銀の場合でも▲3二金 △1二玉 ▲4二金で、ほぼ寄り形です。

1

Picture 1 of 4

 

「△4二金引」とした場合

 

△4二金引には素直に▲3二銀成と金を取っておきます。

△3二同金には▲4三金と迫りましょう。

続いて△3一銀には▲2五桂とすれば、攻めが切れることはありません。

1

Picture 1 of 12

 

ちなみに、上図の開始局面(2五桂とした局面)で相手が受けなかった場合、即詰みの手順があります。

1

Picture 1 of 8

 

「△4二銀」とした場合

この場合も▲3二銀成とします。

以下△同玉と取られますが、▲2二金と打ちましょう。

これも△同玉なら▲4二馬 △同金 ▲同飛成とし、即詰みです。

仮に3二の地点に合い駒をしたとしても▲3一銀 △1二玉 ▲2二金 △同金 ▲同龍で、詰みとなります。

1

Picture 1 of 10

 

▲2二金に対して△3三玉は▲2五桂 △2四玉 ▲4二馬 △同金 ▲同飛成とし、金銀を持ち駒にできたのでこのまま後手玉にせまれそうです。

1

Picture 1 of 6

 

縦から崩す-「相手の玉頭から攻める」

 

(局面の説明)

先手:2五歩、2八飛、4一馬(持ち駒に銀、桂)

後手:1一香、1三歩、2一桂、2二玉、2三歩、3二金、3三銀、4三金、4四歩(持ち駒なし)

 

矢倉を縦から攻める場合は▲2四桂と歩の頭に打つのが手筋です。

放っておくと▲3二馬で詰んでしまいますので、△同歩と取ります。

以後▲2四同歩△同銀▲同飛△2三歩と進み飛車が追い返されてしまいそうですが、ここでは▲3一銀が好手になります。

1

Picture 1 of 6

 

△3一同金は▲2三飛成で詰みですし、

△1二玉には▲3二馬と入る手があります。

必死ですので、次の手で詰みです。

 

▲3一銀に対して△3三玉と上がっても、じっと飛車を引き、次に▲2二銀打を狙います。

仮に△2二同金としても、▲同銀成△同玉▲2三飛成と詰ますことができます。

 

 

桂馬を取らない変化

もし桂馬を取らずに△3一金と逃げても、▲同馬 △同玉 ▲3二金で詰みますし、

1

Picture 1 of 4

 

△4二金寄は▲3一銀で詰みです。

 

3二の地点に守りを足そうと△4二金引としても、▲3二桂成 △同金 ▲4三金 △同金 ▲3二銀と縛ることができます。

1

Picture 1 of 6

 

「まとめ」

矢倉囲いは玉の隣にある金を攻められると意外にもろいところがあります。

また玉の上にある歩の頭に桂を打つ筋も強力ですので、2つとも覚えておくと良いでしょう。

-中級者, 初心者, 囲い

Copyright© ひよっこ将棋部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.